Strawberry Perl Portable

Windows 環境でperl を使うといったらActive Perl が多く解説されている。もう一歩踏み込むとXAMPP なども選択肢に入ってくるだろうか。あるいはLinux LAMP 環境を仮想環境(VirtualBoxQEMUなど)で実行だろうか。

Strawberry Perl は新しい選択肢を提示してくれる。

ActivePerlがnmakeベースであるのに対し、Strawberry Perlはgccを使って環境を構築する。そのため、CPANがそのまま利用できるようになっており、使い勝手がずいぶん良くなっている(中略)Windows向けとあって、Win32-APIがデフォルトでインストールされている(「WindowsでもCPANを活用する「Strawberry Perl」 – MOONGIFT|オープンソース・ソフトウェア紹介を軸としたITエンジニア、Webデザイナー向けブログ」より引用)

ダウンロード

Strawberry Perl for Windows – Releases から「strawberry-perl-5.12.3.0-portable.zip」をダウンロードする。

スポンサードリンク

※Windows7 SP1 64bit で試用した

ファイルの展開

ダウンロードした「strawberry-perl-5.12.3.0-portable.zip」を解凍する。

ダウンロードサイズが50MB 程度で、解凍すると180MB 程度になる。

使い方

起動のしかた

「portableshell.bat」を実行する。

使い方

コマンド perl -v を実行したところ。

あとはお好きにどうぞ。

スポンサードリンク

コメント