5月 052012
 

Java をポータブル環境で試用しようとしたのだが、これにはJava で動作する適当なソフトウェアが必要だ。これらを探していると面白い記事にに行き着いた。これには次のように記載されている。

「BitThief」はファイルのアップロードをせずにダウンロードができるBitTorrentクライアントです。(「アップロードせずに使用できるJavaベースのBitTorrentクライアント「BitThief」|USB Hacks !|USBメモリ徹底活用テクニック」より引用)

ポータブルなBitTorrent クライアントはμTorrent をすでに紹介しているが、BitTorrent も面白そうだからJava をポータブル環境で動作させるテストに利用してみることにした。

スポンサードリンク

Java 環境の準備

BitThief はJava ベースで動作するらしいので、まずはJava を準備する。

jPortable の準備

jPortable は「ポータブル版Java – jPortable」で解説している。

Java Portable Launcher の準備

Java Portable Launcher は「ポータブル版Java – jPortable Launcher」で解説している。

ダウンロード

BitThief – A Free Riding BitTorrent Client」から「BitThief.jar」をダウンロードする。

使い方

起動のしかた

通常の環境であればダウンロードしたjar ファイルを実行すればよいが、ポータブル環境でJava アプリケーション・ソフトウェアを実行する場合は手順が異なる。

まず、「Java Portable Launcher 」を実行する。

するとjar ファイルを指定する画面が表示されるので「BitThief.jar」を指定する。

起動したところ。

使い方

BitTorrent はTorrent ファイルを準備しておく必要がある。ここではテストとして「CentOS-5.8-i386-bin-1to7.torrent」をダウンロードしておく。

New Download をクリックする。

Torrent ファイル「CentOS-5.8-i386-bin-1to7.torrent」と、ディレクトリ(フォルダ)を指定してStart Download をクリックする。

ファイルリストが表示されるので、ダウンロードしたいファイルを選択してOK をクリックする。

Windows のファイヤーウォールが表示されたら「アクセスを許可する」。

するとダウンロードが開始される

そのほか

Configuration

ダウンロードリストを右クリックしてConfiguration をクリックする。

ポートなどの設定を参照・変更できるができる。

スポンサードリンク

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)