3月 192012
 

DomainView– は、ネットワーク上の情報を取得するソフトウェア。

特にMAC アドレスを取得できるツールはいくつかあるものの、正しく取得できるものは少ない。DomainView– は正しく情報を取得できる数少ないツールの1つ。MAC アドレスを簡単に取得できればWOL Controller などと組み合わせて遠隔起動を行う際などに重宝する。なお、DomainView– はWake On LAN 機能もある(後述参照)。

スポンサードリンク

DomainView– は、Windows NT 4.0/2000/XP(intel 版)上で動作する、Microsoft Windows Networkに接続されたリモートコンピュータの各種情報を一覧表示するプログラムです。DomainView– は完全マルチスレッドで動作し、非常に高速に情報を取得します。ネットワークの状況にもよりますが、40台規模のドメインでしたら2~3秒、200台規模でも十数秒で IP アドレスや MAC アドレスまで取得します。

DomainView– の主な特長は以下のとおりです。

◇取得できるリモートコンピュータの情報
・コンピュータ名
・IPアドレス
・MACアドレス
・ドメインコントローラの種別
・ブラウズマスタの種別
・OSのバージョン(管理者権限があれば、ビルド番号・サービスパック名・IE のバージョンも表示)
・コンピュータのコメント
・ログオン中のユーザ名

◇リモートコンピュータに対して可能な操作
・ping、traceroute
・指定したコンピュータに対するメッセージの送信【複数同時に可能】
・指定したドメインに所属するすべてのコンピュータに対するメッセージの送信
・ローカルコンピュータにネットワーク経由で接続しているすべてのユーザに対するメッセージの送信
・ログオン中のユーザの詳細な情報(フルネーム、パスワード有効期限、ホームディレクトリのパス、所属グループ等)の取得
・WakeOnLAN による電源ON【複数同時に可能】
・シャットダウン・再起動・電源OFF【複数同時に可能】※
・タスクスケジューラへのタスクの登録と削除【複数同時に可能】※
・ファイル・フォルダツリーのコピー【複数同時に可能】※
・共有リソース情報(リソース名、ローカルパス、最大接続数等)の一覧取得※
・セッション情報(ネットワーク経由で接続中のユーザ名、コンピュータ名、ログオン時間、アイドル時間、オープンファイル数等)の一覧の取得※
・ユーザアカウント一覧の取得※
・サービス一覧の取得と制御(開始、停止等)※
・デバイス一覧の取得と制御(開始、停止等)※
・Server サービスの各種統計値の取得【複数同時に可能】※
・イベントログを開く※
(※印は、リモートコンピュータの OS が Windows NT 4.0/2000/XP の場合のみ)

◇その他の機能
・各種情報をログオン中のアカウントとは別のアカウントを使って取得可能
・情報の一覧をテキストファイルとして保存
・一定時間(1分~60分)ごとに情報を自動更新
ほか

※readme.txt より引用

ダウンロード

Microsoft Windows Network 情報表示プログラム DomainView– for Windows NT4.0/2000/XPからdomvw-0.4.3.lzh をダウンロードする。

※Version 0.4.3 をWindows7 SP1 64bit で試用した

ファイルの展開

ダウンロードした「domvw-0.4.3.lzh」を解凍する。

使い方

起動のしかた

「domvw.exe」を実行する。

起動したところ。

マルチスレッド処理され、素早く一覧が表示されるのが心地よい。

ただし、WOL Controller など予めMAC アドレスなどを登録しておくものと違い、目的の端末から参照可能な情報が得られない場合、マジックパケットの送出ができなかった一覧に表示されなかったりする。

目的の端末の電源をOff にしても少しの間はMAC アドレスの表示などが可能なことから、ARP テーブルなどネットワーク上に残っている情報を参照しているのではないかと推測する。

スポンサードリンク

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)