7月 122013
 

XWSS018091_s4

Midi ファイルそのものは、言ってみれば楽譜だ。だからmidi ファイルさえ入手できれば、単に音楽として再生するだけでなく、楽譜として閲覧することもできるし、容易に編集もできる。

MIDITrail は、楽譜を読み取ってピアノに打鍵するように可視化できるソフトウェアで、動画投稿サイトでもよく見かける。

MIDITrailは、MIDIデータを三次元可視化するMIDIプレーヤーです。 FPSライクな操作で空間を移動することにより、演奏を聴くだけでなく、見て楽しむことができます。 標準MIDIファイルFormat0/1、および複数ポート出力に対応しています。 MIDITrailはWindows, Mac OS X, iOSに対応しています。(「ダウンロード – MIDITrail – SourceForge.JP」より引用)

ダウンロード

MIDITrail プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP」から「MIDITrail-Ver.1.2.0-Windows.zip」をダウンロードする。

スポンサードリンク

※Windows7 64bit で試用した

ファイルの展開

XWSS018088_s4

ダウンロードした「MIDITrail-Ver.1.2.0-Windows.zip」を解凍する。

使い方

起動のしかた

XWSS018089_s4

「MIDITrail.exe」を実行する。

XWSS018090_s4

起動したところ。

XWSS018092_s4

midi ファイルを開くかmidi ファイルをドラッグ・アンド・ドロップすると読み込まれる。

スペースキーを押すと再生できる。

XWSS018093_s4

また、マウス操作によって視点を変更できる。

XWSS018094_s4

視点がぐちゃぐちゃしてしまったら、Reset viewpoint をクリックすれば視点がリセットされる。

XWSS018095_s4

表現には「Piano Roll 3D」、「Piano Roll 2D」、「Piano Roll Rain」がある。

XWSS018091_s4

動画投稿サイトでよく見かけるのは「Piano Roll Rain」だ。

ところで、どのようにして動画にしているのかと思い簡単に調べてみると、何のことはなく、単にキャプチャしているようだ。

SingerSongWriterで作成した曲(MIDI)を「MIDITrail(­出力はTIMIDITY)」+「CamStudio」+「午後のこ~だ」で録画と録音­をしました。(「自作曲 #65(DTM)・・・MIDITrailで再生 – YouTube」より引用)

スポンサードリンク

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)