パソコンを遠隔起動する – PCnet Magic Packet(TM) Utility

PCnet Magic Packet(TM) Utility は、パソコンを遠隔起動するWake On LAN (WOL)を行うために、マジックパケットを送出するソフトウェア。AMD 製らしい。

決して使いやすくないソフトウェアだが、強力なホスト検索機能を備えているため、マジックパケットを送出する用途より、ホスト一覧を作成する際に利用する事が多いように思う。

ダウンロード

スポンサードリンク

※Windows7 SP1 64bit で試用した
※現在入手可らしい

ファイルの展開

ダウンロードした「magic_pkt.exe」を実行する。

次へをクリックする。

ライセンスに同意できる場合はI Agree をクリックする。

解凍先を指定する(デフォルトでは「C:\pcnet\magic_pkt」となっている)。

フォルダが存在しない場合は作成しても良いか聞かれるので「はい」をクリックする。

「OK」をクリックする。

使い方

起動のしかた

「MAGPAC.EXE」を実行する。

起動したところ。

対象の追加

Magic Packets からCreate a List of Hosts をクリックする。

OK をクリックする。

名前の解決ができない場合などは、いちいちメッセージが表示される。

よくわからないエラーが表示されることもある。

リストが表示された。

PCnet Magic Packet(TM) Utility の素晴らしいところは、ほかのツールでは検出できないアドレスまで正しく見つけ出してくれるところにある。PCnet Magic Packet(TM) Utility はマジックパケット送出用というより、ネットワーク上の情報を取得するために利用することのほうが多い気がする。

マジックパケット送出

Magic Packets からPower On One Host をクリックし、対象の端末のMAC アドレスを入力する(インターフェースはあまり親切ではない)。

グループ起動

対象端末のグループ化にも対応しているらしく、グループリストの書かれたファイルを指定することでグループを一括起動させることができるようだ。また、スケジューリングによる起動にも対応しているように見える。

スポンサードリンク

コメント