5月 202012
 

iEdit は、作者による情報と思われるものによると次の用に解説されている。

アウトラインプロセッサーとダイアグラムエディターが融合したアイデアプロセッサーです。ツリー構造とネットワーク構造を駆使してアイデアの発散・収束が可能(「iEditの詳細情報 : Vector ソフトを探す!」より引用)

それぞれの流れや関連を図を用いて表現し(ダイアグラムエディタ)、各項目について機能などを記述(アウトラインプロセッサ)するという使い方ができる。

個人的にはアウトラインプロセッサには「あうとら」をよく使い、図表の作成には「iEdit」を使う。iEdit の機能をまるで生かしていないが、iEdit の図表作成機能だけを使ったとしても、十二分にiEditの価値が理解できる。もっと複雑でビジュアルな図表が必要ならVisio などを活用すると良いだろうが、iEdit とVisio を単純に比較できるものではない。iEdit にはiEdit のiEdit にしかない素晴らしさがある。

ダウンロード

iEditのダウンロード : Vector ソフトを探す!」から「iedit198.zip」をダウンロードする。

スポンサードリンク

※Windows7 SP1 64bit で試用した

ファイルの展開

ダウンロードした「iedit198.zip」を解凍する。

使い方

起動のしかた

「iEdit.exe」を実行する。

起動したところ。

使い方

新規ファイルを作成する。

使ってみたところ。

ダイアグラムエディタは直感的に利用しやすく、また、「アウトラインプロセッサ」部分は「あうとら」と操作が類似する部分があるので、そちらを参照されたい。更に詳しい情報が「iEditでアイデアを「見える化」して整理! [フリーソフト・シェアウェア] All About」に記載されている。

スポンサードリンク

  1 コメント

  1. ヽ(・∀・)ノ : アウトライン+ダイアグラム=アイデアプロセッサ – iEdit http://t.co/HPYEmd0V

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)