3月 302012
 

RealVNC は、ネットワークを経由して接続先の端末の画面を閲覧できるソフトウェア。

※接続先ではVNC サーバーが起動している必要がある(厳密に言ったらLinux などは接続があった時にサーバーを起動するような、リソースをムダにしない方法もあるけど・・)

ダウンロード

RealVNC – VNC® Viewer Free Edition 4.1 for Windows から「vnc-4_1_3-x86_win32_viewer.zip」をダウンロードする。

スポンサードリンク

※Windows7 SP1 64bit で試用した

ファイルの展開

ダウンロードした「vnc-4_1_3-x86_win32_viewer.zip」を解凍する。

使い方

起動のしかた

「vnc-4_1_3-x86_win32_viewer.exe」を実行する。

使い方

相手先のIP アドレスを入力してOK をクリックする。

IP アドレスだけを入力した場合、TCP 5900 に接続するが、VNC サーバーにはディスプレイ番号もしくはポート番号を割り当てることができる。仮に番号2を指定した場合、サーバーの待受は5902 (5900+2)となる。接続する際は「IP アドレス:5902」もしくは「IP アドレス:2」とする。

また、Options をクリックすると画面の品質などを調整できる。

接続できた場合は、予めVNC サーバーに設定しておいたパスワードを入力する。認証に成功すると相手先の画面が表示される。

接続できなかった場合の例「unable to connect to host Connection refused(10061)」。

スポンサードリンク

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)