3月 032012
 

CPU-Z はCPU を始め、メモリーやマザーボードなどの情報を確認できるソフトウェア。

ダウンロード

スポンサードリンク

※ポータブル版(セットアップ版でない)の場合は、32bit/64bit と言語(英語/中国語)を選択する必要がある
※ここでは「64bit 英語版」をWindows7 SP1 64bit で試用した

ファイルの解凍

ダウンロードした「cpu-z_1.60-64bits-en.zip」を解凍する。

使い方

起動のしかた

「cpuz_x64.exe」を実行する。

CPU

起動したところ。

CPU タブにCPU に関する情報が表示され、CPU 名やTDP、コードネーム、対応命令などが確認できる。

また、SpeedStep に対応しているとCore Speed が変動する様子がわかる(たぶん)。これについては別のツールで視覚的に表示させることもできるほか、Windows7 に対応したガジェットでもわかりやすく表示できる。

Cahces

Caches には各キャッシュに関する情報が表示される。

Mainboard

Mainboard にはマザーボードに関する情報が表示される。

製品より異なるが、メーカー製PC の場合などは、メーカー名や型番まで読み取ることができるものもある。

また、BIOS のバージョンなど、起動時にチラッとしか表示されないものや、BIOS に入って確認するものなどがあるが、CPU-Z を利用することで簡単に確認することができる。これにより、アップデートが必要かどうかなどの判断に役立てることができる。

Memory

Memory にはメモリー全般に関する情報が表示される。

SPD

SPD にはメモリーに関する詳細情報を確認できる。

メモリースロットごとに、搭載されているメモリーやスロット数、動作状態などがわかる。これはメモリースロットの確認や、搭載メモリの速度など、本体を開けずに確認することができるため、重宝する。

Graphics

Graphics にはグラフィックカードに関する情報が表示される。

About

About 。データの保存もできるが、とても細かい。細かすぎ・・。

スポンサードリンク

  3 コメント

  1. @fifty1192 @EA0721 16から24にしたら起動とエディット画面移行が少し早くなりました(・v・)Win7のProfessionalなら32GBまで認識するので↓のソフトでマザボとメモリの詳細を確認して購入オススメです
    https://t.co/S4Kl3go4UH

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)