5月 052013
 

XWSS017601_s

「XnRetro」は、写真などの画像を簡単にレトロ風に仕上げてくれるソフトウェア。ライティングやフレームにも対応している。結果をプレビューしながら作業ができ、選ぶだけという手軽さがある。

「XnRetro」は、画像ビューワー「XnView」の開発者・Gougelet Pierre-Emmanuel氏が開発した画像加工ソフト。32bit版および64bit版のWindowsに対応(中略)。Mac OS X版やLinux版、AndroidやiOSで動作するモバイル版も用意されている。(「【レビュー】さまざまなフィルターを組み合わせておしゃれな“レトロ風写真”を作成「XnRetro」 – 窓の杜」より引用)

また、写真を回転させることもできるほか、できあがったファイルを保存するのはもちろんのこと、メール添付やオンラインサービスに送信することもできるら しい(未確認)。リストには「Flickr」、「Picasa」、「Facebook」、「Imgur」、「Trmblr」、「ImageShack」、 「Yfrog」、「GlowFoto」、「TwitPic」があった。

できあがった写真は、画像ファイルとして保存したり、メールや“Facebook”、画像共有サイトなどで簡単に共有することが可能。画像共有サイトは“Flickr”や“Picasa”をはじめとする計8サービスに対応しており、共有時にはファイルのサイズを“Small”、“Normal”、“Large”、“Original”の4つから選択できる。(「【レビュー】さまざまなフィルターを組み合わせておしゃれな“レトロ風写真”を作成「XnRetro」 – 窓の杜」より引用)

ダウンロード

XnView Software · XnRetro (Desktop version)」から「XnRetro-win-x64.zip」をダウンロードする。

スポンサードリンク

※Windows7 64bitで試用した

ファイルの展開

XWSS017602_s

ダウンロードした「XnRetro-win-x64.zip」を解凍する。

使い方

起動のしかた

XWSS017202_s

「XnRetro.exe」を実行する。

XWSS017203_s

起動したところ。

使い方

XWSS017204_s

写真をドラッグ・アンド・ドロップして放り込むだけで準備完了。

レトロ

XWSS017205_s

まずは基本のレトロ風に仕上げる手順。

単純にリストにあるものをクリックするだけ。

次々試せるから、気に入ったものを選ぶだけという手軽さ。

ライト

XWSS017599_s

ライトも選べる。

ビネット

XWSS017600_s

ビネット(「ぼかし」かな)も選べる。

フレーム

XWSS017601_s

フレームも選べる。

ちなみに、レトロ、ライト、ビネット、フレームは択一式ではなく積み重ね。

スポンサードリンク

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)