7月 142012
 

「WatchMe」を使うと、たくさんのタイマーを扱うことができる。タイマーはタブで管理され、カウントアップとカウントダウンが利用できるほか、メモも追加できる。作業時間を記録するなどに重宝しそう。バグか仕様か不明だが、複数をカウントアップした際のTotal 時間の計算が面白い。

タブを作成して複数のタイマーを管理し、指定した時間が経過した場合にアラートを鳴らしたり、特定のアプリケーションを起動させたりすることができる無料のソフトが「WatchMe」です(「タブごとに特定作業のタイマーを複数集めて簡単に管理できるフリーソフト「WatchMe」 – GIGAZINE」より引用)

ダウンロード

Flamebrain Technologies » Download WatchMe」から「WatchMe.zip」をダウンロードする。

スポンサードリンク

※Windows7 SP1 64bit で試用した

ファイルの展開

ダウンロードした「WatchMe.zip」を解凍する。

使い方

起動のしかた

「WatchMe.exe」を実行する。

起動したところ。

使い方

計測開始

タイマー1と3を開始してみた。

ここで面白いのが、タイマー1が10秒、タイマー3が7秒になっているのだが、Total Time が18秒となっているところだ。つまり、作業1と作業2にどれくらいの時間を割いたのかが、個別と合計で表示されているのだと思う。

メモ追加

付箋マークをクリックするとメモを追加でき、マウスオーバーした際にも表示された。

タブとタイマーを追加

System > Add New Tab をクリックするとタブを追加できる。

さらに、Timers > Add Timer をクリックするとカウントアップするタイマーを追加できる。

ちなみに、カウントダウンはCountdowns > Add Countdown から追加できる。

カウントダウンはSet Time から時間を設定できる。

初期値は1時間となっていた。画像は15分に変更した例。

Total Time はカウントアップの合計のようで、カウントダウンは影響しないようだった。

スポンサードリンク

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)