5月 282013
 

XWSS017974_s4

TcpLogViewは、「どのソフトウェアが」「どのサーバーと通信しているか」などを表示してくれるソフトウェア。

現在開いているTCP接続のスナップショット(状態を保存したもの)を取得し、それを以前のスナップショットと比較することにより、TCP接続情報の差分を取得してログとして表示する。ログとして表示できるのは、イベントの種類(Open、Close、Listen)とその発生時刻、ローカルIPアドレス、リモートIPアドレス、リモートホスト名、ローカルポート、リモートポート、プロセスID、プロセス名など(「【レビュー】TCP接続を監視してそのログを取得・表示するツール「TcpLogView」 – 窓の杜」より引用)

ダウンロード

TcpLogView – Creates TCP connections log」から「tcplogview-x64.zip」をダウンロードする。

スポンサードリンク

※Windows7 で試用した

ファイルの展開

XWSS017972_s4

ダウンロードした「tcplogview-x64.zip」を解凍する。

使い方

起動のしかた

XWSS017973_s4

「TcpLogView.exe」を実行する。

XWSS017974_s4

起動したところ。

使い方

XWSS017977_s4

使い方といっても特になく、増えていく通信を見守る。

ちなみに、右側の赤枠には、別途データファイルを設置することで、通信国を表示することができる。詳細は以下参照。

国を表示する

ダウンロード

XWSS017012_s4

IP to Country Database (IPV4 and IPV6)」から「IpToCountry.csv.zip」を選択してダウンロードする。

XWSS017980_s4

ダウンロードした「IpToCountry.csv.zip」を解凍し、「IpToCountry.csv」を取り出す。

XWSS017981_s4

本体のあるフォルダに取り出した「IpToCountry.csv」をコピーまたは移動する。

XWSS017978_s4

「TcpLogView.exe」を起動する。

XWSS017979_s4

国情報は、詳細表示にも反映される。

そのほか

オートスクロール

自動的にスクロールしてくれる機能も搭載している。

表示カラム選択

表示するカラムを選択することができるので、必要な項目だけをスッキリ表示させる事ができる。

スポンサードリンク

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)