7月 162013
 

XWSS018247_s4

今のところ、ランチャーはCLunch を利用しているが、わけあって「フォルダばかり登録されたランチャーが欲しいなー」となった。CLunch に新しいページを追加しても良いし、使い方によってはCLunch のほうが便利だと思うのだけれど、今回は、新たに探すことにした。

ダウンロード

MONO-Q Shwchi」から「shwchi130.zip」をダウンロードする。

スポンサードリンク

※Windows7 64bit で試用した

ファイルの展開

XWSS018234_s4

ダウンロードした「shwchi130.zip」を解凍する。

使い方

起動のしかた

XWSS018235_s4

「Shwchi.exe」を実行する。

※実行してもウィンドウは表示されない

登録リスト編集

XWSS018244_s4

「登録リスト編集」をクリックすると、ランチャーに表示されるリストを編集できる。

XWSS018245_s4

初期状態で、リストにいくつか登録されている。

ドラッグ・アンド・ドロップで移動することができる(が、ランチャー画面上では並べ替えできないようだ)。

ランチャー設定

XWSS018236_s4

「ランチャー設定」から様々な設定を行える。

設定

XWSS018237_s4_s4

初期状態では「キーやマウスによる起動をOFF する」となっているので、好みに応じてチェック外してOn にする。

マウス

XWSS018238_s4_s4

特定の場所にマウスを移動した時にランチャーを自動的に表示する機能。

キー

XWSS018239_s4_s4

マウスやキーを連打(3回以上)したときにランチャーを表示する機能。

この時、どこに表示するかなどを設定することもできる。

XWSS018248_s4

また、「ポップアップ・ボタン」は、画面上に小さな(設定画面にあるように、大きさを変更することも可能)アイコンが表示され、マウスオーバーするとランチャーが自動的に表示される。

XWSS018249_s4

こんな感じに表示される。

ホットキー

XWSS018240_s4_s4

特定のキーを押したらランチャーを表示する機能。

オプション

XWSS018241_s4_s4

様々なオプションを設定できる。

バージョン

XWSS018243_s4_s4

試用したバージョンは、2004.08.20 のVer.1.30 だった。

そのほか

詳しく調査していないが、おそらく特定の文字列を含むフォルダを開くように設定すると、正しく機能しないようだ。ちなみに、マイドキュメントが表示された。

ファイルやフォルダへのパスは、絶対パスで記録されるようだ。CLunch にあるように相対パスへの変換機能などは見当たらなかった。

表示されたランチャーがマウスオーバーされた場合、しばらくすれば閉じたが、マウスオーバーしない場合、閉じないようで表示されたままになるようだ(経過時間では閉じないらしい)。

スポンサードリンク

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)