8月 182012
 

DiskView を使うと、WindowsXP 以前のデフラグ画面のように、どのようにディスクが断片化しているかを確認する事ができる。

Windows Vista以降のWindows OSでは、ディスクの最適化ツールはあるものの、断片化(フラグメンテーション)の状況は数値でしか表示されず、実際にどのようにディスク上のクラスタが利用されているかをGUI画面では確認できなくなっている(「SysinternalsのDiskViewツールでディスクの断片化状態を確認する - @IT」より引用)

普段、”純正”のデフラグツールを利用していないから気が付かなかったけれど、確かに言われてみればそうだった。

ダウンロード

DiskView」から「DiskView.zip」をダウンロードする。

スポンサードリンク

※Windows7 SP1 で試用した

ファイルの展開

ダウンロードした「DiskView.zip」を解凍する。

使い方

起動のしかた

「DiskView.exe」を実行する。

起動時にライセンスに同意するか尋ねられる。

Agree をクリックすると同意してソフトウェアが利用可能になる。

起動したところ。

使い方

ドライブ(Volume)を選択してRefresh をクリックすると解析を開始する。

解析中の画面。

(フラグメンテーションが発生していないから画像としては面白くない)

解析が終了したところ。

アクセスできなかったファイルの情報などが表示された。

インストール不要でさくっと確認したい時に良いかもしれない。また、エクスポート機能もある。

スポンサードリンク

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)