4月 142013
 

SHR136444_s

「CheckServer」は、端末について様々な監視を行うことができ、異常検知時にはメールで通知してくれるソフトウェア。

監視項目は、以下のとおり:

  • CPU使用率チェック
  • Disk空き容量チェック
  • プロセス応答チェック
  • TCP使用率チェック
  • メモリ使用率チェック

ダウンロード

CheckServerのダウンロード : Vector ソフトを探す!」から「CheckServer_096.zip」をダウンロードする。

スポンサードリンク

※Windows7 64bit, WindowsXP 32bit で試用した(注:readmeでは「Windows2000 & WindowsXp & Windows2003」となっている)
※「.NET Framework 1.1」が必要

ファイルの展開

ダウンロードした「CheckServer_096.zip」を解凍する。

使い方

起動のしかた

SHR136443_s

「CheckServer.exe」を実行する。

SHR136444_s

起動したところ。

メール設定

SHR136445_s

赤枠の箇所を設定すればメール通知が有効になる。

まず、赤枠の箇所を設定し、しきい値をどうやっても警告が出る設定にして「Start」すれば、テストできる。その後一度停止して運用するための設定にし、「次回以降自動開始」で稼働させれば監視が開始される。ついでにスタートアップなどにも入れておけば、サーバーを再起動しても常に監視してくれるだろう。

メール通知機能はリッチなものではなく、SMTP Authなどには対応していないシンプルなものだ。しかし、これらの機能を持ち、フリーウェアで、かつ、メール通知可能なものが意外に少ないため、とてもありがたい。

そのほか

XWSS016893_s

エラー「0x0000135」が表示された場合は、「.NET Framework」をインストールする。

環境によっては「.NET Framework」のエラーが出てしまう事もあり、設定中の場合、設定が保存されない事があった(エラーが出る前にサクッと設定し、一度終了してしまえば問題ないとも言える)。

スポンサードリンク

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)